FANDOM


1940年代の阪神タイガースの歴史 | 阪神タイガースの歴史 | 1960年代の阪神タイガースの歴史

2リーグ制導入から天覧試合まで(1950年代)編集

概要編集

戦後、藤村が、別当が、若林が、そしてダイナマイト打線が猛威をふるった。しかし実状は、本社が戦後の鉄道復興で何かと費用がかかり、球団の選手層は薄く、ぎりぎりの人員で毎試合を戦っていた。しかも、他球団と比してそれほど多くない給料であった。

そういった中、若林兼任監督自らが金銭に目がくらみ、1949年オフ、突然新設の毎日オリオンズに裏切っていった。しかも手土産に、別当などの主戦力の大部分を連れて行ったため、スタメンの3分の1しか残っていない、球団存亡の危機となってしまった。それでも、金銭では動かなかった藤村と金田は阪神に留まった。そしてタイガースが生んだ名将松木謙治郎が監督に復帰し、再びゼロからのスタートを切った。

最悪の状態で1950年代をスタートしたが、名将松木の元、数年で優勝争いするまでに甦っていった。ところが今度は難波事件の責任をとるかたちで、1954年、その松木が辞めていった。球団は次期監督の扱いをめぐり、藤村達古参の選手の意見を無視し、反発をまねくするなどし失敗する。仕方なく藤村を兼任監督にするも、1956年オフ、今度は藤村が選手の大反乱にあう。1950年代のタイガースは、舞台裏がまるで落ち着かない状況が延々と続いていった。

そんな藤村も1958年に引退し、創設からの英雄達の時代に終止符が打たれた。その藤村の引退試合が1959年オープン戦第一戦に行われたが、その時の阪神の先発は、二人目のミスタータイガースとなる村山実のデビュー戦でもあった。古い時代の終わりは、新しい時代の始まりでもあった。そしてこの年6月、村山対長嶋で有名な天覧試合が行われる。

年度別編集

1950年
  • 2リーグ制開始する。
  • シーズン4位
70勝67敗3分で全8チーム中4位。レギュラーの3分の2を毎日に引き抜かれたタイガースは、この戦力の大幅なダウンのダメージは大きく、既存のチームのなかでは最下位であった。一方引き抜いた毎日オリオンズは、球団結成初年度で日本一を達成した。タイガースは、数年かけてなんとか戦力建て直しを図るも、水原監督率いる巨人に一歩遅れをとる状況が50年代は続く。
  • ファーム誕生
毎日の引抜により新戦力育成が重要になったこともあり、この年ファームが誕生した。
  • ポジション別背番号制
この年、背番号をポジション別に改めた。1から8を投手、9を監督、10を助監督、11を主将、12から14を捕手、15から20を内野手、21から24を外野手とし、それ以降をファームの選手とした。途中に監督、助監督を入れたのは、松木謙治郎と藤村富美男の背番号910を変えないためであったと言われている。

記録

  • 藤村富美男、首位打者 .362、最多安打 191本。
    最多安打191本は、1994年にイチローに破られるまで日本記録として続いた。
1951年
  • シーズン3位
62勝51敗3分で全7チーム中3位。
  • 7月4日、プロ野球初のオールスター戦を甲子園で開催。
  • 8月11日、甲子園球場の銀傘復活

個人成績・記録

  • 後藤次男、最多安打 155本。
  • 藤村富美男、ベストナイン 3塁手。
  • 金田正泰、ベストナイン 外野手、年間最多三塁打 18本


1952年
  • シーズン2位
79勝40敗1分で全6チーム中2位。この年よりセ・リーグ6チーム制が固定される。タイガースは壊滅された戦力を順調に回復していった。
  • ノーヒットノーラン
5月7日、松竹より移籍したばかりの真田重男が対広島戦(甲子園)でノーヒットノーランを達成。球団4人目。

個人成績・記録

  • 梶岡忠義、最優秀防御率 1.71
  • 藤村隆男、最優秀勝率 .806(25勝6敗)
  • 藤村富美男、ベストナイン 三塁手。


1953年
  • シーズン2位
74勝56敗、勝率.569。この年吉田義男が入団。ハワイから与儀真助を獲得する。
  • プロ野球放送始まる
8月29日、史上初のプロ野球TV放送が行われる。対巨人戦、後楽園球場である。ここから、家でも観戦できるようになっていき、野球が国民的スポーツの地位を確立していく。ちなみにこの試合は2-6で敗れている。

個人記録

  • 藤村富美男、本塁打王 27本、打点王 98点。
  • 与儀真助、ベストナイン 3塁手。
  • 金田正泰、ベストナイン 外野手。


1954年
  • 71勝57敗2分でシーズン3位
  • 放棄試合
7月27日、大阪球場対中日戦、誤審に端を欲する乱入事件により、藤村の当時連続試合記録が1014試合で途絶える。その余波で、松木監督がこの年限りで勇退し、11月に岸一郎が監督に就任する。
難波事件参照
  • 阪神ジャガース
ファームを「阪神ジャガース」に改める。1956年まで。

個人記録

  • 渡辺博之、打点王 91点、ベストナイン 外野手。
  • 吉田義男、盗塁王 51個。


1955年
  • シーズン3位
  • 5月21日、岸監督辞任する。後任は藤村富美男が選手兼任監督となる。
岸一郎参照

個人記録

  • 西村一孔、最優秀新人賞
タイガースで3人目のルーキー開幕投手。60試合に登板し22勝17敗、防御率2.01で新人王。
  • 吉田義男、最多安打 147本、ベストナイン 遊撃手。
  • 渡辺博之、ベストナイン 外野手。
  • 藤村富美男、史上初の200号本塁打達成(4月12日)


1956年
  • シーズン2位 - 79勝50敗1分
  • 甲子園球場にナイター設備
  • 6月24日、藤村代打逆転サヨナラ満塁本塁打 → 代打、ワシや参照
  • オフに藤村監督問題起こる。

個人記録

  • 吉田義男、盗塁王、ベストナイン 遊撃手。
  • 渡辺省三、最優秀防御率 1.45。
  • 田宮謙次郎、ベストナイン 外野手。


1957年 セ・リーグ2位
  • 風邪で優勝を逃す!!
この年、巨人が開幕5連勝するも、エース別所、大友らが不調。そのため優勝争いは、阪神と中日が激しく争う年となった。しかしこの年、悪性の流感が流行し、プロ野球も例外ではなかった。その中でも大阪タイガースがもっとも深刻な影響を受けた。たとえば6月4日の対国鉄戦には、たった15名前後の選手しか試合が行えない状況であった。その後も戦力が揃わず、この試合から7連敗し、首位争いから一歩後退した。その後何とか巻き返し、8月には首位に立つも、最終的に優勝を逃す。
  • 田中義雄監督就任、藤村現役復帰
11月25日、田中義雄が監督として就任。藤村は、現役復帰を表明。

個人記録

  • 三宅秀史、ベストナイン 三塁手
  • 吉田義男、ベストナイン 遊撃手
  • 田宮謙次郎、ベストナイン 外野手


1958年 (昭和33年) - セ・リーグ2位
  • 9月下旬の5連敗
この年巨人は開幕3連敗し、4月負け越しと低迷なスタートであった。しかし、5月に入ると、藤田投手と新人の長嶋秀雄が活躍しだす。阪神は、8月巨人相手に5連勝し、0.5ゲーム差まで肉薄するが、9月下旬に5連敗しこの年終戦。最終成績、72勝58敗。首位巨人との差5.5ゲーム。
  • 時代の終わり
この年のオフで、藤村が現役引退し、球団顧問に就任。背番号10は永久欠番となった。同じく球団創設から虎戦士、御園生も健康上の理由から退団。また、首位打者をとった田宮がA級10年選手の権利で大毎に移籍。
  • 個人記録
    • 田宮謙次郎、首位打者 .320、ベストナイン 外野手
    • 吉田義男、ベストナイン 遊撃手


1959年 (昭和34年) - セ・リーグ2位
  • 天覧試合
6月25日、後楽園球場巨人‐阪神戦。天皇、皇后両陛下を迎え、野球史上初の天覧試合が挙行された。巨人先発藤田と、阪神は7回からリリーフにあがった新人村山実が好投。白熱した戦いが続き、両陛下も最後までご覧になられる好ゲームであったが。そして4対4で迎えた9回裏…(続きは天覧試合
  • 二人目のミスタータイガースの登場
この年、オープン戦の最初の試合阪神巨人戦は、藤村の引退試合が行われた。それが二代目ミスタータイガースとなる村山の初登板の日でもあった。この年新人の村山が、54試合に登板し18勝10敗で、防御率1.19という最優秀投手賞とともに、新人ながら沢村賞を受賞した。
  • 個人記録
    • 村山実、沢村賞、最優秀防御率 1.19
    • 藤本勝巳、ベストナイン 1塁手
    • 吉田義男、ベストナイン 遊撃手


参考情報編集

ウィキペディア編集

各選手編集

年度別スポーツ記事編集