FANDOM


難波事件(なんばじけん)とは、1954年7月25日、対中日戦において大阪球場において放棄試合が起こった一連の事件である。タイガースの歴史において2度の放棄試合が行われたが、これが1回目である。

事件概要編集

1954年7月25日の中日戦(大阪球場)で、3点をリードされた延長10回裏。代打の真田重男が2ストライクの後のファウルチップで中日河合捕手が落球した。しかし杉村球審がその落球を認めず、三振と判定した。

そこで、一塁コーチボックスにいた松木謙治郎監督と、ベンチの藤村が激しく抗議し、暴力行為をふるったとして、退場が宣告された。しかし、その杉村主審の退場の宣告が「風呂に行け」といった婉曲的な表現であったため、藤村は一旦引き下がるもその表現を「退場」と解釈しなかった。その騒ぎの間に、観客が数百人乱入し、それを抑えるため試合中断したが、その中断後打順が回ってきた藤村が打席に立とうとしたため、審判が再度藤村に退場を宣告。観客には事情が分からず、無意味に退場させられたように映り、先の誤審や後述する背景もありファンの怒りは爆発し、今度は1000人規模の観客がグラウンドになだれ込んだ。事態の収拾が付かなくなったため、ホームチームのタイガースに責任があると裁定され、没収試合となった。この事件により藤村は出場停止20日制裁金5万円、松木謙治郎監督は出場停止5日制裁金3万円の処分を課せられた。この出場停止処分により、藤村の当時球界記録であった連続試合出場記録が、1014試合で途絶えた。

背景編集

  • 当時の甲子園球場には、ナイター設備がなく大阪球場でナイターが行われていた。しかし、大阪球場の照明も満足のいくものではなく、薄暗い中での試合であったため、誤審が度々発生していた。また、杉村主審は前年の大阪球場ナイター戦での誤審による観客乱入事件にも関わっており、ファンの記憶に「杉村」の名前が刻み込まれていた。
  • 藤村の最初の退場宣告は、藤村がまず主審を殴り、そのあと松木が連続出場記録が藤村にはかかっていたこともあり、藤村をかばうために主審を投げ飛ばしたといわれている。
  • 藤村は「実際に風呂で汗を流して帰ってくればOKなのか?」と勘違いし、風呂に行ってから打席に立とうとした、という逸話もある。
  • 監督代行として金田正泰、藤村の代打には石垣が入ったため、金田も戒告処分を受けている。
  • この試合の2日後の大阪球場において、プロ野球初のナイター放送が行われた。現場はかなりの緊張感があったと思われる。

影響編集

松木監督以下選手側にとっては、原因は審判誤審であるのだから、タイガースが反論せず処分を受け入れるのは筋違いだという事であったが、実は審判も秘密裏に処分されていた。しかし、いかにもタイガース側だけが悪いような裁定であっため、この処分をあっさり受け入れた大阪タイガースの田中代表に、監督・選手一同強い不満が残った。これがこの年、松木監督が辞任する決定的要因となった。

参考情報編集