FANDOM


藤村監督問題(ふじむらかんとくもんだい)とは、1956年のオフに球団全体を巻き込んだ一大騒動である。藤村監督排斥事件藤村排斥騒動などともいう。

事態の背景編集

1955年より阪神電鉄本社から送られてきたフロントが、大阪タイガースの選手の給料を抑える施策をとっていたこともあり、選手たちには球団運営に対して大きな不満が抱えていた。この不満が爆発し、金田正泰主将はじめ選手達から藤村監督解任要求をそのフロントに出すという事態が発生した。

その事態をデイリースポーツ(大阪本社版)が1956年11月10日にスクープした。これに契機に、事態単なる球団内のトラブルの枠を超え、報道、球界、社会全体を巻き込こんだ、劇場型お家騒動となっていった。

球団内の派閥編集

松木謙治郎が監督の頃は、監督を軸にまとまっていた大阪タイガースであったが、1954年の辞任以降、球団選手内で派閥が発生していた。大きく分けると球団方針に従順な藤村派と、それ以外の3つの派が存在していた。事態の背景には、この3つの派が結束し、監督辞任要求を出していた。

反藤村サイド編集

金田派編集

運動の中心となったのは金田派であった。この派閥から運動に参加した選手達の目的は、純粋に「賃上げ要求」のようである。ただ領袖であった金田自身は、比較的給料の高い位置にあり、藤村とも仲が悪いわけではなかった。そのため金田本人は、今の選手会長のような立場で動いていたと思われる。

青木派編集

この運動を影から支え、絵を描いていたのは、名スカウト青木一三のようである。青木がひっぱってきた若手選手がこの派を支えていた。若手選手も活躍すれども年俸が上がらない状況に不満を持っており、直接スカウトしてきた青木もそれを責任に感じていた。青木本人は、この問題を以前から予見していたと言われる。

真田派編集

真田重男が中心のグループ。和歌山出身の甲子園スターが中心であった。藤村には、選手の状態を考えず、故障を呼んでしまうことがあったため、真田はその采配に不満をもっていた。さらに、藤村の個性も、鼻についたようである。金田派とは解任要求への主目的は異なり、本気で監督解任が目的であったようである。

藤村・球団サイド編集

藤村派編集

当然藤村を中心としたグループ。藤村にしてみれば、金銭には特に固執しない性格もあり、毎年の契約更改で球団側から提示された年俸金額をいつも即契約していただけであった。しかしそれは、他の選手から見れば、トップ選手の藤村の年俸が抑えられていたため、それがために自分達の金額も上がらないのだという不満があった。また選手の待遇に対する不満に対し、何らの手も打ってくれないため、その矛先が向けられた。(カリスマ的監督であった松木謙治郎であれば、選手の矢面に立って戦う姿勢を見せていたことも、藤村に物足りなさを感じた要因もあったと思われる)

本社フロント・球団代表編集

この事態に際し、本来であればその収拾を図るべき立場にいた田中義一球団代表が、当時入院していたことも事態激化の一因となった。そこで急遽、戸沢一隆が新代表として就任し事にあたった。戸沢は、当時野球に関しては素人であったが、事態解決に大きな役割を果たすことになる。

事態の経過編集

  • 11月10日、デイリーが解任劇をスクープする。
  • このスクープ発覚当初、藤村監督は「二軍のだけでもゲームはできる」といった感情的な発言をしてしまう。藤村らしい発言ではあるが、これがさらに反藤村派の選手と対立を深めてしまう。
  • 11月15日、球団は、病床にあった田中義一に代えて、阪神航空の東京出張所所長だった戸沢一隆を球団代表に就任させて、問題収拾にあたらせた。
  • 巨人の川上哲治や千葉茂等、南海の鶴岡一人監督が説得にあたったりしたが、事態の収拾にはつながらなかった。
  • 11月28日、球団首脳会議(野田オーナー・前田常務・戸沢・下林)。
  • 12月4日、派閥トップに「藤村の監督留任」「金田、青木、真田の解雇」を伝える。
  • 12月12日、不信任派が揃って戸沢に訪問し自分達の「解雇要求」を出す。
  • 12月13日、球団側が選手全員契約、御園生の監督就任、梶岡に2軍コーチ就任、河西2軍監督をスカウトにすること発表。
  • 戸沢は一貫して選手の一人一人と対話を続ける。この動きが効を奏し、選手の態度もしだいに軟化する。監督排斥の空気は現実よりも、面白おかしくこの問題を伝えていた新聞報道に振り回されていた面が大きかったと戸沢は後に語る。
  • 12月20日、藤村が金田宅を訪れ謝罪。藤村の謝罪を金田が受け入れる。
  • 同日、藤村が本社野田を訪れ、謝罪。チーム再建の決意表明と金田、真田の復帰を要求。
  • 23日夜(翌日3時まで)、ミナミの料亭で行われた戸沢・金田会談で、金田の復帰と、藤村退陣要求の撤回決定する。
  • 24日、金田復帰の発表。以降、他の選手の説得も進む。
  • 1956年12月30日、選手全員の契約更改が完了する。
  • 戸沢、藤村、金田がそれぞれに声明書を発表し、1957年の年明けには事態は収拾。
  • 真田はそのまま現役引退。青木は大映に移籍。青木の大映移籍は、本人の当初からの予定通りのようである。

統括編集

選手にすれば、監督解任もあくまで名目で、金銭面での不満が主な動機であった。その不満も、戸沢新代表が個々の選手から丁寧に拾い上げ説得していったことで、徐々に解消されていった。むしろ不満を懐に溜めて鬱屈とするよりも、騒動によりエネルギーを使い果たしたために、結果的にすっきりしたという面もあったかと思われる。

また解任を出された藤村も、戦前・戦後の動乱期のタイガースを支えた人物で肝が据わっており、反藤村運動のトップであった金田とも仲が悪いわけでもなかったので、藤村は解決後には禍根を感じていない様子であった。また歴史的に個性の強い選手を数多く輩出していたタイガースには、喧嘩は喧嘩、野球は野球という精神が、早くから根付いていたのだと思われる。

そのため事態収拾後はチームは元の雰囲気を取り戻し、翌年のペナントレースも巨人との優勝争い(2位)を続けることができた。

この事態解消に大きな役割を果たした戸沢は、その後も選手の声を良く聞き、本社に対しても交渉をする態度を続け、選手の給料も大幅に改善していった。選手の強い信任を得た戸沢は、その後20年間も球団代表を務めた。

ただ解任要求まで出された藤村監督は、球団・球界からの信任を落とし、1957年オフの監督解任、1958年の退団と続き、そしてその後の処遇は決して前向きなものではなかった。

本社フロントも選手からの信任がなく、翌年わずか2年という短期で役職を外されている。

運動の中心であった金田も、若手選手からすると途中で球団サイドに寝返ったと見られたようである。そのため、その後の選手からの信任は今一歩であり、数年後に金田監督が実現したさいも、選手からの信頼が薄くわずか2年の短命に終わった。

真田は、藤村が監督である限り球団にいられないとして引退。青木は当初から計画していた通り大映へ移った。

当時3年目選手としてこの運動に参加していた吉田義男は、運動に参加したことに関し、藤村と球団に対し深く後悔していると後に語っている。

参考情報編集

関連項目編集