FANDOM


松木 謙治郎(まつきけんじろう、1909年1月22日‐1986年2月21日)とは、戦前戦後に大阪タイガースに在籍した選手、監督である。内野手、左投左打。背番号9

敦賀商業、明治大学の後、社会人野球を経て1936年、球団結成時に入団し、初代主将として1937、38年の2冠に輝いた。40年から翌41年まで兼任監督。さらに、若林忠志兼任監督が毎日に移籍したあとの50年に再び監督となり、壊滅状態から優勝争いのできるチームへと再建した。1954年の難波事件の責任をとり退任。統率力は絶大で、タイガースの歴史の中で一、二を争う名将の一人である。