FANDOM


村山 実(むらやまみのる、1936年12月10日‐1998年8月22日)とは、大阪タイガース‐阪神タイガースに在籍していた名投手、二代目ミスタータイガースである。監督経験もある。彼の背負っていた背番号11は、永久欠番である。右投右打。村山のダイナミックな投球は、ザトペック投法と名づけられている。

略歴編集

  • 1936年、兵庫県神戸市に生まれる。
  • 学生時代は、関西大学のエースとして活躍
  • 1958年阪神電鉄に入社し、出向の形で大阪タイガースに入団。
  • 1959年3月2日のオープン戦で初登板。この日は奇しくも、初代ミスタータイガース藤村富美男の引退試合でもあった。
  • 1959年6月25日運命の天覧試合で長嶋にサヨナラホームランを打たれる。
  • 1959年、新人にして18勝をあげ、沢村賞最優秀防御率 1.19を受賞。
  • 1960年、2年目のジンクスに苦しむ。
  • 1962年、リーグ優勝、MVP、最優秀防御率1.20
  • 1962年、皇太子ご夫婦の観覧試合にて、日本野球初、メジャーリーグ(デトロイトタイガース)を完封する。
  • 1963年、唯一の退場処分(8月11日)
  • 1964年、リーグ優勝
  • 1965年、沢村賞、最多勝利 25勝
  • 1966年、沢村賞、最多勝利 24勝
  • 1969年、選手兼任投手コーチ
  • 1970年、選手兼任監督、最優秀防御率(この時の0.98という記録は、セ・リーグ記録で、1950年以降現在も破られていない)。
  • 1972年、4月12日に監督を退任。引退。
  • 1988‐1989年、監督。
  • 1993年、野球殿堂入り。
  • 1998年、死去。

参考情報編集