FANDOM


景浦 將(かげうら まさる、1915年7月20日 - 1945年5月20日)とは、戦前大阪タイガースに在籍していた伝説の名選手である。背番号6。現代でも、藤村富美男以前のミスタータイガースとして、「零代ミスタータイガース」とも語り継がれている。水島漫画「あぶさん」の主人公、景浦安武の名前も、この景浦から取られている。

入団以前編集

「野球」という言葉を誕生させたのは正岡子規ということもあり、その出身愛媛県松山は、古くから野球が盛んな土地であった。そこに生まれた景浦もまた、野球にあこがれた少年の一人であった。

しかし、景浦は幼い頃は小柄であったため野球部に入れず、松山商業中学2年生まで剣道に打ち込んでいた。逆にそれが幸いし、剣道で手首の強さを培っていた。

景浦が中学3年のとき、松山商業野球部の主力がその年大量に卒業し、試合を行えないような状況に陥った。そこで、他の部活から部員を引き抜かれた。その中の一人が景浦であった。小柄であった景浦も成長期を迎えて堂々たる体躯となっていた。

父親が木材店を経営しており、バットは父親が見よう見まねで作成していた。そのバットは、1200g(通常900g以下)もあり、とても普通に振れるようなバットではなかった。しかし景浦はそのバットを使い続け、使いこなせるようになる。それも強打者として彼を育てる要因となったと思われる。

そして、投手として甲子園決勝まで活躍していった。そして甲子園のヒーローとなり、当時の野球の花形六大学野球の一角、立教大学に入部した。

そのころ、ベイブルースなど大リーグ選抜が来日し、全国巡業するなど、ビジネスとしての野球事業が胎動し始めている頃であった。

1935年、阪神電鉄も球団を設立することになり、当時六大学のスターであった景浦にも声がかかった。「職業野球」といえば、まだリーグも存在しない、胡散臭い存在というイメージの強い時代であった。景浦は当初渋っていたが、それでも、監督に中学の先輩であった森が就任すること、親の営む木材店の借金を契約金として肩代わりすることもあり、「大阪タイガース」の最初のメンバーに加わった。

入団から戦死まで編集

1936年、プロ野球が開始するとまずは投手として活躍する。全試合勝ち投手となり、最優秀防御率、最高勝率を秋シーズンに達成する。

1937年、サードの4番打者に転向し、首位打者(秋)、打点王(春、1938年秋)と群を抜いた活躍を見せ、初代プロ野球日本一と翌年の日本一連覇を牽引した。最初のプロ野球最強軍団が大阪タイガースであった時代である。沢村をもってしても抑えられない存在として、当時東京巨人の監督であった藤本定義が「史上最強打者」と評していた。

また、投手としても東京巨人の沢村に次ぐ防御率を達成(1937年)するなど、非凡な才能を見せ続けていた。

しかし、そんな全盛期の景浦、そして大阪タイガースも時代の波には抗えず、1939年、景浦は応召される。1943年に一度は復帰するも、二度目の応召が確実であり、親孝行のためその年で引退。翌1944年、2度目の応召。

1945年5月20日、フィリピン・カラングラ島で戦死する。

1965年、野球殿堂入り。

参考情報編集

YouTube編集

※リンクをクリックすると動画が始まります。