FANDOM


小山 正明(こやま まさあき、1934年7月28日生)は1953年から1962年に大阪タイガース、阪神タイガースに所属していた、名投手である。1962年には、村山実の2枚エースで阪神初リーグ優勝に貢献する。その年、沢村賞を受賞するも、翌年東京オリオンズに交換トレードする。

  • 1934年、兵庫県明石市にて誕生
  • 1953年、高砂高校から大阪タイガースにテスト生として入団
  • 1958~1960年、3連続20勝投手となる。
  • 1962年、27勝で阪神タイガースのセ・リーグ初制覇に貢献する。村山実を抑えて、沢村栄治賞受賞。他に最多勝率も受賞。
  • 1963年、オフに山内一弘との交換トレード(いわゆる「世紀のトレード」)で、東京オリオンズに移籍。
  • 1964年、移籍1年目にして30勝投手。最多勝受賞。
  • 1970年、両リーグ100勝を達成。これは現在でも小山一人の記録である。
  • 1973年、大洋へ移籍しその年引退。
  • 2001年、野球殿堂入り