FANDOM


1959年6月25日、対巨人(後楽園球場)。伝統の巨人-阪神戦。昭和天皇、皇后両陛下を迎えての、プロ野球史上初の「天覧試合」(てんらんしあい)となった。

運命の5球目編集

9回裏4対4の同点で迎えたバッターボックスに立つのは、ミスタータイガース藤村富美男に憧れ続け、プロ野球に入った2年目の長嶋茂雄、背番号3。対するマウンドは、この年新人であったのちの2代目ミスタータイガース村山実、背番号11。カウント2-2。

キャッチャー山本哲也が出したサインは内角、ファールを誘い次の外角で締めるための1球。しかし、のサインを見た瞬間、守っていたショート吉田義男とセカンド鎌田実が目を見合わせた。長嶋の構えが明らかに内角を狙っていたからである。ただ、村山に逃げる気持ちは一切無かった。長嶋はのちにこう語っている。

「村山くんは、逃げるピッチングを絶対にしない」

そして、運命の5球目サインの要求通り内角高めのシュートを投げ込んだ。それは、その年の長嶋の当たりのコースであった。長嶋のバットがそのボールを捕らえ、打球はレフトスタンドポール際へ放たれた。

「ファールだ」

放たれた瞬間、村山はそう確信した。村山にとって、負けるはずがない球であった、ファールになるべき球であった。しかし、富沢線審の判定はホームラン…世紀の天覧試合は、長嶋の劇的なサヨナラ本塁打で幕を閉めた。

身体を大きく前に倒す村山、割れんばかりの大歓声の中を回る長嶋。その後10年続く、二人のミスターの運命が、この試合から始まった。

スコアーボード編集

阪神001 003 0004
巨人000 020 201x5

参考情報編集

YouTube編集

※ リンク先をクリックすると動画がスタートします。