FANDOM


ジーン・バッキー(1937年8月12日‐)は阪神タイガースに所属していたアメリカ人投手である。右投右打。背番号4。在籍期間は1962‐1968年。村山実と二枚看板のエースとして、1964年のリーグ優勝を牽引した。

1962年8月、アメリカマイナーリーグ(3Aハワイアイランダース)から入団テストを受けてシーズ途中で阪神に入団。コントロールが悪く、入団当初は全く期待されていなかった。しかし、1963年に二枚看板投手の小山正明がトレードで毎日に移籍したことで、バッキーへの期待も大きくなっていった。バッキーは、当初こそ難の多い投手であったが、努力家であり、スライダー、ナックルを覚え、長身と長い腕を駆使し、オーバースローとサイドスローを投げ分け、どこからどういった球が出てくるのかわからない、打者を翻弄する投術を身につけた。そして、1964年、村山と二枚看板のエースとして最多勝利の29勝の大活躍でチームを牽引し、阪神2度目のリーグ優勝。さらに最優秀防御率 1.89、沢村賞を受賞する。沢村賞は初の外国人受賞であった。

その後も1965年6月28日には、対巨人にノーヒットノーランを達成や、5年連続2桁勝利をあげるなど、60年代の阪神投手陣を支え続けた。

しかし1968年9月18日、巨人の王への危険球をめぐり乱闘(バッキー荒川事件)。そこで肝心の右手指を骨折。翌1969年、近鉄に移籍するも、1勝もできずその年で引退した。

通算成績編集

  • 251試合100勝80敗、防御率2.34、奪三振825

参考情報編集