FANDOM


アルプススタンドは阪神甲子園球場のアイビーシートと外野席との間に位置する内野席ことである。

概要 編集

基本的に銀傘のついていない席がアルプススタンドである。

全国高校野球選手権大会ではこの席のチケット代が無料となる。高校野球では母校のブラスバンドなどの華やかな応援が行われ、「高校野球の応援」の代名詞でもある。

阪神戦では、1塁側アルプススタンドには、ライト外野席に続いて熱狂的なファンが集まり、応援と観戦の両方を楽しめるエリアである。

アルプススタンドは、2008年10月から2009年3月までの甲子園第二期改修工事の対象となっている。600席追加。座席下に荷物置場が新設、通路を多くとるなどにより利便性が向上する予定である。[1][2]

脚注 編集

  1. 「アルプス席は600増 甲子園2期工事」『神戸新聞』2008年5月19日
  2. 「座席下に荷物、通路も増え快適 甲子園2期リニューアル」『朝日新聞』2008年5月19日